第37代アメリカ合衆国大統領



リチャード・M・ニクソン
Richard Milhouse Nixon. 共和党
愛称 ディック
就任期間  1969年1月20日〜1974年8月9日

生没 1913年1月9日〜1994年4月22日(81歳)

第36代副大統領。ウォーターゲート事件によりその職を辞任した。任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領。
カリフォルニア州南部、ロサンゼルス近郊のヨーバリンダ(Yorba Linda)に生まれたニクソンは、熱心なクエーカー教徒の母ハンナによって、福音主義のクエーカー教徒として育てられた。なお、父フランシスは家業である食料品およびガソリン販売店に専念し、それほど宗教活動には熱心ではなかった。実家は決して貧しくはなかったが、裕福でもない中産階級の少し下といった感じの質素な暮らしをしており、彼の幼少時のしつけは、飲酒やダンス、罵り言葉を差し控えるような保守的な福音主義の遵守に特徴づけられる。
その後、地元の高校を卒業しホイッティア(ウィディア)大学(クエーカー教徒の学校)に入学、1934年に二番目の成績で卒業し、十分な奨学金を受け、デューク大学法学部で法律を学んだ。
 ベトナム戦争終結、中ソとの和平など外交面で、大戦後の歴史に残る成果を挙げた。ウォーターゲート事件を起こした背景には東部支配層に対する不信感があるといわれ、それが結局、彼を史上初めて自らの意思で大統領を辞任するという事態に追い込んだ。