第36代アメリカ合衆国大統領



リンドン・B・ジョンソン
Lyndon Baines Johnson 民主党
愛称 リンドン・LBJ
就任期間  1963年11月22日〜1969年1月20日

生没 1908年8月27日〜1973年1月22日(64歳)

第37代副大統領。ジョン・F・ケネディの暗殺の後に政権を継いだ大統領。
彼の両親サミュエル・ジョンソンとリベカ・ベインズは、貧しい地域で農場を所有しており、彼らにはもう4人の子供がいた。妹のリベカ、兄弟のジョセファ、サム・ヒューストン、ルシア。リンドン・ジョンソンは幼年期を通じて公立学校に通い、1924年にジョンソンシティー高校を卒業した。
1927年には、南西テキサス州教員養成大学(サンマルコス師範学校)に入った。彼は教職課程から一年遠ざかって政治弁論部に参加し、学校新聞を編集することに費やしたが、312日だけでどうにかして卒業した。
 議会工作が得意で、多くの法案を通過させた「政治屋」。ベトナム戦争を拡大させるなど、外交面では失敗。