第33代アメリカ合衆国大統領



ハリー・シッペ・トルーマン
Harry S. Truman 民主党
就任期間  1945年4月12日〜1953年1月20日

生没 1884年5月08日〜1972年12月26日(88歳)

第34代副大統領。ルーズベルト大統領の死を受けて1945年に副大統領から大統領に昇格。彼が原子爆弾投下を指示した。
第二次世界大戦の終了、冷戦の始まり、国連の創成および朝鮮戦争など、トルーマンの大統領職は非常に多事だった。トルーマンは「the buck stops here」など多くの有名な句を創り出した打ち解けた大統領だった。
ハリー・S・トルーマンは1884年5月8日にミズーリ州ラマーでジョン・アンダーソン・トルーマンとマーサ・エレン・ヤングの息子として生まれた。 1901年に高校を卒業し、その後銀行の事務職に就いたが、1906年に父親を手伝うために就農した。彼は大学卒業以上の学歴を持たない最後の大統領だった。
第一次世界大戦へのアメリカの参戦に際して、トルーマンは州兵に参加し士官となり、フランスで連隊を指揮した。戦争終結後インデペンデンスに戻り長年の恋人ベス・ウォーレスと1919年に結婚した。間もなく1人の子供(マーガレット)をもうけた。
トルーマンは最初の選挙戦に於いてクー・クラックス・クランの支援を得るため同団体に加入した。しかしクー・クラックス・クランのローマ・カトリックに対するスタンスを知り、その考えを変更した。近年発見された彼の日記には、「ユダヤ人は実に利己的」といった記述があり、彼がユダヤ人に対する嫌悪感を持っていたことを証明している。
 日本に原子爆弾を落とす命令を下したことで有名である。 第二次世界大戦中と戦後のアメリカを支え、国連設立に尽力した。