第31代アメリカ合衆国大統領



ハーバート・C・フーヴァー
Herbert Clark Hoover 共和党
就任期間  1929年3月4日〜1933年3月3日

生没 1874年8月10日〜1964年10月20日(90歳)

フーヴァーはアイオワ州ウェストブランチでクエーカー信者の一家に生まれた。だが彼の親の死後オレゴン州ニューバーグに転居した。
1885年の夏、フーヴァーは11歳のときに、ハンナおばさんの手製のごちそうの入ったバスケットを持ち、2枚の10セント硬貨を衣服に縫い込み、ユニオン・パシフィックの列車に乗って西のオレゴン州へ向かった。アメリカ大陸の反対側で彼を待ったのはおじの医者であり教育長のジョン・ミンソーンだった。彼はフーヴァーによって「表面上は厳しいが、全てのクエーカー信者同様に底では親切だった。」と回想された。
フーヴァーのオレゴンでの6年間は彼に独立独行を教えた。「私の少年時代の希望は誰の支援もなしでいかなる場所でも自分の生計を立てることだった。」おじのオレゴン・ランド・カンパニーの使い走りとして、彼は簿記とタイピングをマスターし、夜にはビジネススクールに通った。学校教師ジェーン・グレイのおかげで、彼はチャールズ・ディケンズとサー・ウォルター・スコットの小説に夢中になった。「デヴィッド・カッパーフィールド」(世の中を機知で切り抜けていくの孤児の話)は、生涯のお気に入りだった。
孤児から資産家へ、そして大統領になったアメリカにおける成功物語のヒーロー。大統領就任前は人道的援助活動の推進者としてアメリカ国内に広く知られ期待されたが、2期目は民主党フランクリン・ルーズベルトに大敗し、悲劇的結果だった。