第29代アメリカ合衆国大統領



ウォレン・ガマリエル・ハーディング
Warren Gamaliel Harding 共和党
就任期間  1921年3月4日〜1923年8月2日

生没 1865年11月2日〜1923年8月2日(57歳)

在職中に死去(遊説中客死)した6番目の大統領。彼は大統領に選ばれた最初の現職上院議員だった。
歴史家はその性質から米国史で最悪の大統領としてハーディングを分類する。
ハーディングはオハイオ州モロー郡ブルーミンググローブで生まれた。6人兄弟の長男。彼の母親は医者だった。少年時代はアレクサンダー・ハミルトンとナポレオンに憧れていた。1865年11月2日オハイオ・セントラル大学を卒業。
1889年、ハーディングは24歳の時にノイローゼになり療養地で数週間を過ごした。2年後に彼はフローレンス「フロージー」メイベル・クリング・デウォルフェと結婚した。彼女は30歳で離婚歴があり、1人の息子がいた。彼女はハーディングが不承不承に結婚を受けるするまで固執して追い続けた。彼女の父親は「黒い血のハーディング・ファミリー」と婚戚にならないようにと結婚に反対した。
結婚は不幸であった。ハーディングは彼女をひどく扱い、ポーカー仲間や他の女性に注意を集中した。フロージーの経営管理術は、ハーディングの新聞社の金銭的成功に貢献した。
第一次世界大戦とウィルソン大統領の理想主義に疲れた米国国民は、「平常への復帰」を願い、温厚・平凡なハーディングを大統領に選んだ。だが、就任2年後に死去。死後に一連の不祥事が次々と明るみに出た。