第28代アメリカ合衆国大統領



トーマス・ウッドロウ・ウィルソン
Thomas Woodrow Wilson 民主党
就任期間  1913年3月4日〜1921年3月3日

生没 1856年12月28日〜1924年2月3日(67歳)

彼はアンドリュー・ジャクソンの次にホワイトハウスで連続2期を勤めた二人目の民主党員。
ウィルソンはバージニア州スタウントンでジョーゼフ・ウィルソンとジャネット・ウッドロウの長男として生まれた。祖先は北アイルランドのストラベーンの出で、彼はジョージア州オーガスタで成長した。
 ウィルソンはディビッドソン大学に入学し、1年後にプリンストン大学へ編入し1879年に卒業した。彼はファイ・カッパ・サイのメンバーだった。後に、バージニア大学で一年間法律を学んだ。1886年にはジョンズ・ホプキンズ大学から政治学の博士号を受け取った。ウィルソンは博士号を得た唯一の大統領。
 プリンストン大学学長から、ニュージャージー州の知事を経て政治の世界に入って3年で、大統領に就任した異色の大統領。
 1914年第一次大戦が勃発すると和平に動き、国際連盟を提唱。