第26代アメリカ合衆国大統領



セオドア・ルーズベルト
Theodore Roosevelt 共和党
愛称 テディ
就任期間 1901年9月14日〜1909年3月3日

生没 1858年10月27日〜1919年1月6日(60歳)

第25代副大統領。フランクリン・デラノ・ルーズベルトは彼のいとこに当たる。愛称はテディ (幼少時は Teedie 、成人してからはTeddy)。→テディベア
ルーズベルトは1858年10月27日にセオドア・ルーズベルトおよびマーサ・ブロックの息子としてニューヨークシティで生まれた。幼少時は病弱で、それを克服するため運動を好むようになり、グランド・キャニオンのような自然の地域に通い、アウトドアスポーツに熱中した。彼の精力的な規範は20世紀初頭、都市のスポーツ・ブームの中で運動の流行に影響を及ぼした。
彼は1880年にハーバード大学を卒業し、1882年から1884年までニューヨーク州会議のメンバーだった。
ルーズベルトの出馬により共和党の支持票は割れ、民主党候補ウッドロー・ウィルソンの勝利に貢献してしまった。ルーズベルトは友人のタフト以上にウィルソンを嫌っており、ウィルソンが再選されるのを防ぐために1916年に再出馬した。しかし前回同様破れてしまった。その後彼は1919年1月6日ニューヨーク州ナッソー郡オイスター・ベイで死去し、遺体はヤング記念墓地に葬られた。
 テディの愛称で親しまれた強烈な国家主義者。共和党革新派に所属。第25代マッキンレー大統領の暗殺にともない史上最年少(42歳)で大統領に就任。