第21代アメリカ合衆国大統領



チェスター・A・アーサー
Chester Alan Arthur 共和党
就任期間  1881年9月19日〜1885年3月3日

生没 1829年10月5日〜1886年11月8日(56歳)

第20代副大統領
ジェームズ・ガーフィールドが暗殺され、アーサーは大統領に昇格した。副大統領に選ばれる前、彼はニューヨーク港の関税徴収官だったことがある。そのため、彼は汚職と賄賂から利益を得ているとされた。彼が行政改革の主張者になり、ペンドルトン法の可決を統轄した時、多数が驚いた。
アーサーは1829年10月5日バーモント州フランクリン郡フェアフィールドで生まれた。彼は公立学校に通い、1848年にニューヨーク州スケネクタディのユニオン大学を卒業した。彼は1851年にバーモント州ノース・ポーナルの専門学校の校長になった。彼は法律を学び、1854年に法曹界に入りニューヨークで弁護士業を始めた。彼は、州市民軍の再編成に活発に参加した。
アーサーが実際にはケベックで生まれたとする証拠があるとされる。それは大統領職に不適当だった。副大統領候補として選挙に出馬したとき、彼の政敵はこれらの噂を調査するためにアーサー・ヒンマンというニューヨークの弁護士を雇った。ほとんどの歴史家はヒンマンのクレームを採用しなかった。しかし、幾人かはそれを疑っている。
彼はニューヨークに戻り、1886年11月18日に死去した。ニューヨーク州オールバニーのルーラル墓地に埋葬されている。
 ガーフィールドの暗殺により、政界での経験をほとんど踏むことなく、 大統領に昇格。党派に支配されない政権をアッピールし、行政改革に手を付けた。最終的には共和党との関係が悪化をし、再選は望めなかった。