第20代アメリカ合衆国大統領



ジェームズ・アブラム・ガーフィールド
James Abram Garfield 共和党
就任期間  1881年3月4日〜1881年9月19日

生没 1831年11月19日〜1881年9月19日(49歳)

初の左利きの大統領および暗殺された二番目の大統領。
彼の任期はウィリアム・H・ハリソンに次いで短く、6ヶ月と15日であった。
彼はオハイオ州クヤホガ郡オレンジ、クリーヴランドの南東で生まれた。彼は、父親アブラム・ガーフィールドおよび年長の兄ジェームズ・バルー・ガーフィールドに名付けられた。彼の父は彼が18か月だった時、1833年に死去した。彼は母親とおじによって育てられた。
彼は1851年から1854年までオハイオ州ハイラムのウエスタン・リザーブ折衷学研究所(後のハイラム大学)で学んだ。その後、彼はマサチューセッツ州ウィリアムズタウンのウィリアムズ・カレッジに移り1856年に卒業した。卒業後彼は折衷学研究所の教員となり、1856年から1857年まで古語の教授、1857年から1860年まで研究所の所長を務めた。
1858年11月11日にルクレーティア・ルドルフと結婚、彼らは5人の子供をもうけた。息子のジェームス・ルドルフ・ガーフィールドは彼の跡を継いで政治家になり、セオドア・ルーズベルトの下の内務長官に就任した。
ガーフィールドは法律を学び1860年にオハイオ州の法曹界に入った。その前の1859年にオハイオ州議会議員に選出され政界入りし、1861年まで熱心な共和党員として貢献した。
彼は1876年にピタゴラスの定理の証明を発見した。
 大統領選後の、選挙功労者に重要なポストを割り振るという重要な仕事を、ほんの少しの間手薄にした理由で、殺されるはめになった。 丸太小屋からの成功物語は最年少陸軍准将までは順調であったのだが。