第19代アメリカ合衆国大統領



ラザフォード・B・ヘイズ
Rutherford Birchard Hayes 共和党
就任期間  1877年3月4日〜1881年3月3日

生没 1822年10月4日〜1893年1月17日(70歳)

彼は1822年10月4日オハイオ州デラウェア郡デラウェアで生まれた。公立小学校、オハイオ州ノーウォークのメソジスト・アカデミー、およびコネチカット州ミドルタウンでウェッブ大学進学予備校に通った。彼は1842年8月にオハイオ州ガンビールのケンヨン大学を卒業し、その後1845年1月にハーバード法律学校を卒業した。1845年5月10日に法曹界に入り、ロウワー・サンダスキー(現在のフリーモント)で弁護士業を始めた。1849年にシンシナティへ移り住み弁護士業を再開した。彼は1857年から1859年まで市の法務官だった。1861年6月27日陸軍に入隊し第23オハイオ志願歩兵連隊の少佐に任官。1861年10月24日には中佐、1862年10月24日に大佐に昇任し、1864年10月9日に准将、1865年3月3日に少将に名誉昇進した。
 共和・民主の両党間での秘密の会合による裏取引で大統領に就任。 状況を察したヘイズは早々と2期目の不出馬を表明、開き直った ように国政の充実を図り、強力な布陣で政権運営に望んだ。