第18代アメリカ合衆国大統領



ユリシーズ・S・グラント
Ulysses Simpson Grant 共和党
就任期間  1869年3月4日〜1877年3月3日

生没 1822年4月27日〜1885年7月23日(63歳)

南北戦争の将軍
軍人としては成功した将軍であるが、彼は多くの歴史家からスキャンダルおよび汚職によってアメリカ最悪の大統領のうちの一人と考えられている。
ヒラム・ユリシーズ・グラントはオハイオ州クレアモント郡ポイント・プレザントでジェシー・R・グラントおよびハンナ・シンプソン・グラントの息子として生まれた。彼の父親およびさらに彼の母親の父親はペンシルバニア州で生まれた。彼の父親は製革業者だった。1823年の秋に一家はオハイオ州ブラウン郡のジョージタウンへ移住した。グラントは17歳になるまでほとんどの時間をそこで過ごした。
17歳のときに彼は、下院議員トーマス・L・ハマーからニューヨーク州ウェストポイントのアメリカ陸軍士官学校への推薦を受け取った。議員は誤ってユリシーズ・S・グラントとして彼を登録した。彼は1843年に39人中の21番でウェストポイントを卒業した。 彼は1843年8月22日にジュリア・ボッグズ・デント(1826年 - 1902年)と結婚した。彼らは4人の子供をもうけた。フレデリック・デント、ユリシーズ・シンプソン・ジュニア、エレン・ワレンシャルおよびジェシー・ルート。
 「私は軍人というより農夫だ」といったグラントは、南北戦争の 功績により国民的ヒーローとして迎えられ、大統領に担ぎだされる。 だが政治的素人は、汚職政治をはびこらせ、後世の評価を下げた。