第15代アメリカ合衆国大統領



ジェームズ・ブキャナン
James Buchanan 民主党
就任期間  1857年3月4日〜1861年3月3日

生没 1791年4月23日〜1868年6月1日(77歳)

結婚しなかった唯一の大統領。彼は、国が分裂と内戦へ進むのを防ぐための試みを講じなかったことで非難された。
ブキャナンは1791年4月23日ペンシルバニア州フランクリン郡マーセスバーグの近く、ケーブ・ギャップで生まれた。彼は1799年にマーセスバーグに移り住んでそこで成長した。村の専門学校に入学し、その後ペンシルバニア州カーライルのディキンソン大学を卒業。1809年にはペンシルバニア州ランカスターへ転居した。1812年に法曹界へ入り、ランカスターで弁護士業を始めた。1812年に米英戦争が起きると、最初の志願兵の一人としてボルティモア防衛戦に参加した。1814年から1815年までペンシルバニア州選出下院議員だった。その後第17から次の4つの議会(1821年3月4日 - 1831年3月3日)に選任された。第21議会では司法部委員会の議長を務めた。
1845年から1849年までジェームズ・K・ポーク大統領の国務長官を、その後1853年から1856年まで英国担当大臣を務めた。彼は1856年に大統領に選出され、1857年3月4日から1861年3月4日まで貢献した。
彼は引退しペンシルバニア州ランカスターの近くの自宅「ウィートランド」で暮らした。1868年6月1日に死去し、ランカスターのウッドワード・ヒル墓地に埋葬された。
 唯一の特徴は、生涯独身を通した大統領ということ。駐英大使のころ 起った「流血のカンザス」事件に関与しておらず,政治的に無傷という 理由で大統領候補になった。日本の訪米使節団が初めて謁見した大統領。