第14代アメリカ合衆国大統領



フランクリン・ピアース
Franklin Pierce 民主党
就任期間  1853年3月4日〜1857年3月3日

生没 1804年11月23日〜1869年10月8日(64歳)

彼は1804年11月23日にニューハンプシャー州ヒルスボローで生まれて、ハンコックとフランセスタウンの専門学校に入学した。その後フィリップス・エクセター大学進学予備校に入学し、1824年にメイン州ブランズウィックのボードイン大学を卒業した。彼は法律を学び、1827年にヒルスボローで法曹界に入り弁護士業を始めた。1829年から1833年まで州立法議会のメンバーで、1832年から1833年まで議長を務めた。その後第23と第24議会 (1833年3月4日 - 1837年3月3日)への民主党議員に選出された。続いて上院議員に選出され、1837年3月4日から1842年2月28日まで同職を務めた。彼は第26 議会で年金委員会の議長だった。
上院議員職後、ピアースはコンコードで法律業務を再開した。彼はニューハンプシャー州の地方検事で、ジェームズ・K・ポーク大統領によって任命された司法長官職を断わった。米墨戦争が始まると彼は大佐として従軍し、准将に昇進した。1850年にはニューハンプシャー州憲法制定会議の議長を務めた。
民主党の指名を失った後に、彼は「酔っぱらう以外に何も残されていない」と冗談を言った。フランクリン・ピアースは1869年10月8日に肝硬変のためコンコードで死去し、古い北の墓地、マイナット・インクロージャーに埋葬された。
  33歳で史上最年少の上院議員となった。奴隷制度の対立を和らげる ことに苦心した。本人は北部出身であるにも関わらず奴隷制度を支持。 ピアースが大統領だった時代に民主・共和の2大政党時代が始まる。