第11代アメリカ合衆国大統領



ジェームズ・K・ポーク
James Knox Polk 民主党
就任期間  1845年3月4日〜1849年3月3日

生没 1795年11月2日〜1849年6月15日(53歳)

1795年にサミュエル・ポークおよびジェーン・ノックス夫妻の息子としてノースカロライナ州で生まれた。彼は1818年に、ノースカロライナ大学を卒業、弁護士になり政界に入った。ポークは下院議員(1825年 - 1839年)、下院議長(1835年 - 1839年)およびテネシー州知事(1839年 - 1841年)を務めた。
  49歳と112日という当時の最年少で大統領に選出された。 この時代にカリフォルニアが、メキシコからアメリカの 領土となる。咆哮する40年代を象徴する大統領であった。