第9代アメリカ合衆国大統領



ウィリアム・ヘンリー・ハリソン
William Henry Harrison ホイッグ党
就任期間  1841年3月4日〜1841年4月4日

生没 1773年2月9日〜1841年4月4日(68歳)

「ティピカヌー」あるいは「オールド・ティピカヌー」の愛称で呼ばれた。西部オハイオ州の政治家、そしてフロンティアの将軍、ハリソンはバージニア州バークレー・プランテーションの家族の私有地で生まれた。したがってオハイオおよびバージニアの両州は、彼を自州の出身と主張している。ハリソンは他の多くの初期の大統領のように、バージニア・プランテーション所有者だった。彼は独立宣言の前に誕生したため、生まれながらのアメリカ市民でない最後の大統領であった。彼は大統領就任一ヶ月で死去した。
ハリソンはベンジャミン・ハリソン・Vとエリザベス・バセット夫妻の3番目の息子であった。彼の父親は独立宣言への署名者であり、兄のカーター・バセット・ハリソンはヴァージニア州選出下院議員であった。
18歳の時、ハリソンは軍隊に入隊した。アメリカ独立宣言署名者。
 対インディアン戦争の英雄として人気を得、ホイッグ党から大統領になった。就任後わずか30日で死去し、最も在任期間の短い大統領である。就任時の年齢は68歳で、第40代レーガンまでの歴代中最高齢であった。