第7代アメリカ合衆国大統領



アンドリュー・ジャクソン
Andrew Jackson 民主党
就任期間  1829年3月4日〜1837年3月3日

生没 1767年3月15日〜1845年6月8日(78歳)

ジャクソンは貴族生まれでない最初の大統領。「オールド・ヒッコリー」の愛称で呼ばれた。「アメリカン・フロンティア」に暮らし、独立13州に関係しなかった最初の大統領。ジャクソンはアメリカ史の象徴となった。アメリカ独立戦争と南北戦争の間、その時代は「エイジ・オブ・ジャクソン」「ジャクソン・エラ」としばしば呼ばれた。
ジャクソンは1767年にカロライナのワクスハウエリアの未開拓森林地域で生まれ育った。13歳の時に彼は急使として大陸会議軍に加わった。彼の肉親はアメリカ独立戦争時に全て死亡し、彼自身は英軍の捕虜となった。戦後ジャクソンは1800年に若き弁護士としてテネシー州に移り住んだ。彼は名門の生まれではなかったため、自分の才覚で経歴を創り上げなければならなかった。すぐに彼は開拓時代の無秩序の中で頭角を現し、州市民軍の大佐となり軍歴を積み重ねることとなった。
1812の米英戦争で彼は勇敢に戦い功績を挙げた。彼は軍隊で名声を得、森林地帯の戦場で「古いヒッコリーのように頑丈」"tough as old hickory" と呼ばれ、前述の愛称を得た。戦争に於いて1815年1月8日のニューオーリンズの戦いでの彼の指揮は全国的な名声に繋がった。彼はその戦功で大将に昇進した。
戦後彼は急速に政治的経歴を積む。彼は上下両院の議員に選出され、最高裁判所に勤務した。1818年に再び軍務に就き、フロリダのアメリカ領を防衛する対スペイン戦役に従軍した。その後彼は同地の知事に任命された。
 若い頃から次々と家族を失い、夫人を娶るまでは天涯孤独だった。米英戦争で、合衆国を勝利に導いた英雄となり、西部出身の初めての大統領となった。「ジャクソニアン・デモクラシー」と呼ばれる政治の民主化を進めた。