第6代アメリカ合衆国大統領



ジョン・クィンシー・アダムズ
John Quincy Adams 民主共和党
就任期間  1825年3月4日〜1829年3月3日

生没 1767年7月11日〜1848年2月23日(80歳)

彼は第2代大統領ジョン・アダムズの息子であり、最初の親子二代の大統領。二番目の親子二代の大統領は第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュと第43 代大統領ジョージ・ウォーカー・ブッシュ。ジョン・クィンシー・アダムズは、マサチューセッツ州ブレーントリー(現在のマサチューセッツ州クィンシーの一部)で生まれ、ヨーロッパに於いてライデン大学で初期の教育を受けた。彼は1787年にハーバード大学を卒業した。彼は法律を学び、マサチューセッツ州ボストンで法曹界入りし弁護士業を始めた。彼は1794年にオランダ担当大臣に任命され、1796年にはポルトガル担当、1797年にはプロシア担当大臣に任命された。彼は1802年にマサチューセッツ州議会議員に選出され、同じ年に連邦下院議員に落選した。彼は1803年3月4日に連邦党員として上院議員に選出され、1808年6月8日に彼の後任が半年早く選出されたことから同職を辞任し、連邦党と袂を分かった。彼は1809年から1814年までロシア担当大臣を務め、1814年のガン条約の交渉団メンバーであった。また1815年から1817年までイギリス担当大臣を務めた。彼は1817年から1825 年までジェームズ・モンロー大統領の内閣の国務長官であった。
 父親同様、若い頃は外交官としてオランダ、ドイツ、ロシアなどに駐在し、活躍する。モンロー大統領の国務長官を務めていたとき「モンロードクトリン」を起草した。