第4代アメリカ合衆国大統領



ジェームズ・マディソン
James Madison 民主共和党
就任期間  1809年3月4日〜1817年3月3日

生没 1751年3月16日〜1836年6月28日(85歳)

彼はジョン・ジェイおよびアレクサンダー・ハミルトンと共にフェデラリスト・ペーパーズを共同執筆し、1787年の合衆国憲法制定において功績があったため「アメリカ合衆国憲法の父」と見なされる。 マディスンはヴァージニア州キング・ジョージ郡で生まれた。彼の両親ジェームズ・マディスン・シニア大佐(1723年3月27日 - 1801年2月27日)とエリナー・ローズ「ネリー」コンウェイ(1731年1月9日 - 1829年2月11日)夫妻はヴァージニア州オレンジ郡にタバコ・プランテーションを所有し、1769年にジェームズはプランテーションを離れプリンストン大学(当時はニュージャージー大学と呼ばれた)に入学し、四年のコースを二年で修了したが、勉学のためのオーバーワークは彼の健康を害することとなった。健康を回復した後、彼はトーマス・ジェファーソンの支持者となった。彼はヴァージニア州の信仰自由宣言の署名を手伝い、彼らに北西部領域(現在のオハイオ州、ケンタッキー州、テネシー州から成る)を大陸会議に与えることを説得し、ヴァージニア州の政界における著名人となった。
 大統領就任後、ナポレオンが全盛だったときの仏、英の対応に苦慮した。イギリス軍に首都ワシントン占領されホワイトハウスが炎上。